×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安い価格で販売されているMDクリニックの効果と健康被害の実情について情報をまとめました。

MDクリニックの健康被害と偽者、中国商品について
 
     
MDクリニックダイエットとは   MDダイエットはどこで入手できるのか   MDの類似商品と健康被害
         
MDダイエットの通関のトラブルについて   MDクリニックが個人輸入にならないケース    
         

短期間で無理なくキレイに痩せる!「MDクリニックダイエット」


現在、巷には色々なダイエット方法が溢れています。

その中でも今世界のセレブや有名人・モデルなどが注目している最先端のダイエット方法があります。

それが「MDクリニックダイエット」です。

世界でも指折りの美容大国といわれるタイですが、そのタイにあるダイエット専門病院「MDクリニック」で処方されているダイエット薬を使ったダイエットを「MDクリニックダイエット」と呼んでいます。

このダイエット方法は実に簡単。

ただMDダイエット処方薬を飲むだけ。

「〜だけダイエット」は今までにたくさんありました。

けれど、このMDクリニックダイエットは1日3回決められた用法用量を守って、本当に“飲むだけ”で無理なく短期間でキレイにダイエットができるんです。

運動や食事・サプリなどのダイエットはもう過去のもの。

今、最先端を行くダイエットは個人に合わせて処方される薬を使ったダイエットです。

そんなMDクリニックダイエット最大の特徴は個人の性別・身長・体重その他のデータを基にレベル設定された薬を処方されるということ。

なのでサプリなどとは比べ物にならないダイエット効果が体感できます。

MDクリニック処方薬は服用することで食欲を抑制し代謝をアップさせ、老廃物を体外に排出させることで効率良く短期間で痩せられる仕組みになっています。

今までダイエット系サプリを使ってきた人ほど、MDクリニック処方薬の効果に驚かされると言う話をよく耳にします。

もう、効きめの薄いダイエット系サプリや我慢だらけの食事制限・運動などのダイエットとはサヨナラですね。

 




個人輸入代行サイトを使えば手軽で簡単にMDダイエット薬を購入できる!


「じゃあ、MDダイエット薬欲しいんだけど、どこでどうやって買うの?」

残念なことに現在MDダイエット薬は日本では販売していません。

「えっ?それじゃ買えないの?」

大丈夫です。

個人輸入という方法を使えば普通に手に入ります。

けれど、個人輸入には言葉の壁や発送方法・関税・支払方法など色々と時間や手間・知識が必要だったりするのがちょっと面倒なところ。

でも大丈夫。

今は、個人輸入を代行してくれる便利で頼りになるサイト多く存在しています。

その個人輸入代行サイトを利用すれば、個人輸入の面倒な手続きなど全てを代行してくれます。

買う側は普通にネットショッピングをするのと同じ感覚で購入し、あとは海外から送られてくるのを待つだけです。

簡単ですよね。

最近はMDダイエット薬の個人輸入代行をしてくれるサイトが多くなってきたので、MDクリニックダイエットがより手軽で身近なものになり、日本でも多くの人がMDクリニックダイエットをすることができるようになってきました。




巷に出回る安いMDクリニック処方薬って一体!?


個人輸入代行サイトが増え、より手軽に手に入るようになったMDクリニック処方薬ですが、最近話題になっているのが安売りのMDクリニック処方薬です。

個人輸入代行サイトを通して購入できる一般的なMDクリニック処方薬の相場は、レベル2(1ヶ月分)で10,000円前後だと言われています。

MDクリニック処方薬は海外から色々な手間と時間をかけて発送されるので、10,000円前後という価格は最低限の妥当な価格なんです。

けれども、個人輸入代行サイトによってはこの10,000円前後のMDダイエット薬を6,000円前後という驚きの安さで販売しているところもあります。

同じ物なら6,000円前後の価格で販売されているMDダイエット薬を買ってしまいますよね。

消費者としては当然の心理だと思います。

が、しかしです。

この魅力的な価格の裏には理由がありました。

勘の良い方なら分かるかもしれません。

そう、実はこの安売りのMDダイエット薬、タイのMDクリニックで処方されたものではないんです。

いわゆるニセモノってやつです。

その正体は中国人が中国でMDダイエット薬に似せて作ったコピー薬をタイに持ち込み、あたかもMDクリニックで処方されたもののように安く販売しているものだったんです。

見た目はMDクリニック処方薬そのものですが、中身は…。

ダイエット効果もあってないようなもので、痩せにくかったり全く効果がないということもあるようです。

さらに恐ろしいことに、巷を騒がしていたMDクリニック処方薬による健康被害などのほとんどがこの中国製コピーMDダイエット薬によるものだと言われています。

安いのは確かに魅力的ですが、何故どうして相場に比べ安く販売できるのか?安さに釣られて購入する前に一度考えてみる必要がありそうですね。




MDクリニック処方薬は郵便局留めができる?できない?


結論から言えば、MDクリニック処方薬は郵便局留めができません。

というのも個人輸入の条件上、品物の届け先は必ず個人宛の住所でなければならないからなんです。

あくまでも「個人」の輸入ですから。

もし、自分以外の住所や勤務先などを届け先にしてしまうと、個人輸入の対象外とみなされて税関で止められてしまう可能性が非常に高いんです。

首を長くして楽しみに待っていたMDクリニック処方薬が届く寸前で止まってしまう。

こんな悲しいことはありませんよね。

ダイエットのモチベーションも下がってしまいます。

受け取るには自宅以外に送ることになった理由を明らかにして薬監証明を取得、税関に提出して審査を受けるという、時間と手間がかかる工程が必要になります。

けれども、そんなMDクリニック処方薬の郵便局留めを受け付けている個人輸入代行サイトがあったりします。

日本の薬事法ではNGとされているMDクリニック処方薬の郵便局留めが何故できるのか疑問です。

それ以前に薬事法ではNGとされていることを堂々とOKしている個人輸入代行サイトの良識を疑ってしまいます。

そんな個人輸入代行サイトで購入してトラブルに巻き込まれたらダイエットどころではありませんよね。

きちんと薬事法を守った信用できる個人輸入代行サイトを選び利用することが大切です。